calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

archives

幸福とは?

ネット情報に対する批評はさまざまあるのは知っているけれど、同じ興味関心を抱く人が投稿される情報からは、普段目にする新聞や書籍からは得難いものが多くある。Facebookからは多くの情報を頂いている。

今日は、ある企業の障害を持つ方の雇用にまつわる話。コチラ。物語としてもジーンときます。


普段、高齢者介護施設に訪問マッサージで伺っていますが、そこでの違和感の意味が良く分かりました。

障害って、個々人の体に特別に存在するものではなくて、社会や人の心の中にあるものなのではないかとも思いました。

なんだか、心の奥の、根源的な欲求と素直に対峙していきたいと思いました。

異業種交流会に出てきました。

 昨晩は、市内の異業種交流会というのに参加しました。このテのイベントに参加するのは稀。友人がスタッフで、お誘いを受けていたので、興味もありまして。

 でもやっぱり、「ビジネス」とか「成功」「勝ち組」といったキーワードを避けて通ってきたので、少しばかり馴染みづらくて・・・(^^;)。

 異業種交流会では恒例らしい自己紹介で、以下のように話そうとしました;

「つくば市内で鍼灸院を営んでおります。鍼灸というのは、医療の一環として、いらっしゃる患者さんを楽にしていく仕事です。結果として、治療院を必要としない身体にしていくことが目的です。
 うちでは、更にご自分でどうにか対処できるような養生法をお伝えし、できるだけ医療に関わらずに済むような生活ができるようにお手伝いをしようと思っています。」

 壇上に上がったら、スーツ姿の皆さんを見てシドロモドロ。声も小さくなって、何も考えられなくなりました(^^;)。

 ・・・やっぱり、僕はいろんな意味でビジネス向きの性格ではないよな〜、と思った次第です。

新聞記事より

 先週末の日曜版記事の内容です。

心のサプリ記事20120916
(引用開始)
・・・今、「傷つかない」ことに焦点があてられている。しかし生きているということは傷つく、ということだ。大切なのは、傷ついても回復する力を養うことではないか。・・・
 使わなければ傷はつかない。しかし使わなければ機械だってサビてしまう。大事なのは傷つかないことでなく回復力。・・・
(引用終了)


 身体は使わなければ衰えますよ、ってよく言っていたのだけど、心も同様なんだな、って思いました。

 心を日頃から鍛えていく、養っていくってのは具体的にどういうことだろう・・・?心の筋トレということですもんね。考えていこうと思いました。

 

ガイガーカウンターを買いました。

8月に入って更新が滞っててすみませーん。

雨樋の下 上旬に、ガイガーカウンターRADEX1305をヤフオクで購入しました。気になっていた雨樋の下で計ると(地上に置いて計測)、なんと2.60μSv/h(!)。
除染をどうにかしなきゃだなー。

屋根に降り積もった放射性物質が、雨樋で集約された結果の数値ということだろうけれど、公園とかでは、幼児・園児がよく遊ぶ滑り台の下もまた、放射性物質が集まりやすいと聞くが、図らずもよく理解できてしまった・・・(^^;)。

放射能汚染は、悲しいが既に我々の生活の一部になってしまったように思う。というより、そう考えて行動しなければいけなくなった。

僕は鍼灸師であり、東洋医学を信奉する者、そしてそれを伝えていく者なので、放射能汚染に対策するために、自然治癒力・免疫力を高めていくことをお伝えしていければと思う。
まだまだ、知識不足ではあるけれど・・・。



全国の原子力発電所で再稼動の是非が問われているけれど、どんなに安全を確認したとしても、"想定外"は起こり得るし、「万が一」も起こり得るのだから、これだけ生活が脅かされることを考えると、原発の存在に僕はやっぱり反対です。

(ガイガーカウンターは、しばらくしたら患者さん優先でお貸しできるようにしていきたいと思っています。)

ればんが北東?

がんばれ東北がんばれ茨城 往診途中で見掛けたメッセージが素敵だったので、真似ることにしました。

「がんばれ東北、がんばれ茨城」

 みんな気持ちは一緒、というような一体感?なんか元気が出そうな気がして、真似たくなりました。

 つくば市はほぼ日常が戻っているように見えます。でも県施設には福島原発から避難してこられた方々がいらっしゃるし、新聞はまだまだ震災後の報道一色。
 震災から2週間が経ち、気持ちとしても身体としても疲れが表れる頃。

 踏ん張る、では疲れを溜め込んでしまいそうです。

 がんばれ、も同じことなんだけど・・・。

 でも、僕も一緒に頑張りたい、そんな気持ちを込めました。

ればんが はじめに貼ったとき逆になっちゃいました(^^;)。

 ればんが北東?・・・


避難されている方々へのボランティア・マッサージをすることにしました。


サラリーマン川柳

 知らぬ間に「サラリーマン川柳2011」が発表されていた。

 笑う門には福来る
 笑いは免疫力を上げる

 などと言うし、やはり笑うことは楽しい。サラリーマン川柳は、毎年楽しみにしているものの一つ。
時事ネタが中心で、切なさや悲哀を感じさせるものもあるけれど、それを笑いに変えて(自嘲?)次へのエネルギーにしていけると思う。

 治療の間にも、苦痛で来院される方に少しでも笑ってもらえればと、こうした小ネタを披露することがあるので、100首の中で適切なものを選ぶ。

 ときめきは 四十路過ぎると 不整脈
 風呂の順 2番じゃダメかと 追い出され
 老人会 65才は パシリ役
 部下からの 遅刻のメール 渋滞なう

 他にもいいのはあったけど・・・。
 皆さんはどんなのを選ばれるでしょうか?

 1首だけを選べ!なんて難しい〜〜


いつのまにか

 書かなくなるとあっという間に時間が過ぎ去っていきますね。

 イチゴ祭りは参加人数はそんなに多くはなかったけれど、なかなか濃い面子で楽しく時間が過ぎていきました。いちご屋さんの太っ腹な対応に(大箱に摘み放題で300円!)、皆さんどよめく。濃い一日でした。
 10月辺りにいちごの苗の定植作業があるので、今回参加して下さった皆さん、もし良かったらそうした作業にも参加して下さい。いちごを尚一層、楽しんで頂けると思いますよ!

 7月・8月とつくいちもありました。
 7月は、常陽WEEKLYが掲載して下さったお蔭か、めっちゃ混み合いました。えぇもう、つくいちらしくないのんびりできないくらいの賑わいで(^^;)。
 逆に8月はのんびりできて、各店舗でも互いに話し合うこともできる様子で、良かったです。営業的にはどうか知りませんけどww。
 でも、実際7月のような混み合いでは、お店の方もお客さんの顔すら見れないと困った様子もありました。つくいちの存在を知って頂いたのはとても嬉しいことなんですけれどもね。
 知って欲しいけれど、あまりお客さんが多いのもちょっとな〜、という感じ。ジレンマですね。

 ま、ともあれ、またブログを再開していきたいと思います。

 くさのね通信vol.2もまもなく発行できればいいなと思います。

| 1/1PAGES |