calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.11.07 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

経絡とフンドシ。

 経絡の経の字は「たていと」を意味するそうです。絡の字は、「からむ」から始まって「つらなる・めぐる」を意味するとのことです。

 鍼灸医学で経絡とは、気の流れる道筋です。縦糸のように足先から頭へ、手先から頭へと縦に流れています。その間に、五臓六腑に繋がり、それらの活動を支えています。また、相互に繋がり合い、影響しあっています。

 「経絡を遮って気の巡りを悪くしちゃだめだぞ」

 もう10年ほど前、一緒に銭湯にベテランの漢方医の先生がフンドシを締めておられたのにはたまげました。その先生が仰ったのが上記の言葉です。

 影響されやすい僕ですからもちろん、フンドシを作りましたよ越中を。初めて着けた時の違和感というか羞恥心というか・・・(笑)。いやーーー、面白かった。

 しかし、さすがに冬は寒い。僕が時々身に付けるのは、夏だけです。だって寒いんだもん(^^;)。

 でも、ジッと横になっている夜の間ずっと、経絡の巡りを阻害させたくないと思って、ゴムで締め付けないような格好にしています。紐でしばるような感じ。

 女性の下着は、締め付けが強いようだと聞きました。気の巡りはともかく、鼠径部でリンパの流れはせき止めそうな印象です。

 むくみがあったり、足が重だるく感じられる方は、夜の間だけでも下着を着けずに過ごされてみてはいかがかと思います。



スポンサーサイト

  • 2019.11.07 Thursday
  • -
  • 07:30
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック