calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.11.07 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ピロリ菌除去について


 僕は、ピロリ菌除去について否定的である。

 胃の状況が悪くなった際に、そのSOSサインを出してくれるのがピロリ菌であると思うからだ。

 胃が弱ることによって、胃の中がピロリ菌にとって生息しやすい環境になり増殖してしまい、悪さを及ぼすこととなっているのだと考えている。

 胃が痛くなるのは、誰もが嫌なことだと思う。

 でも、胃が痛くなることには理由がある。

 胃に負担が掛かることをやっているのである。

 ピロリ菌が、胃に負担が掛かっていることを教えてくれているのだ。

 ピロリ菌が教えてくれる前に、既に軟便や下痢、胃(上腹部)を押した時の不快感などがあるはずなのだ。それに気付かなくても、ピロリ菌が発動して教えてくれるようになるのだ。

 もしピロリ菌が教えてくれることがなく、胃の調子を悪くする食生活を進めていけば、さらに胃を悪くするのではないか?それが胃ガンであるのではないか?このように思う。

 ピロリ菌がいないと、胃がんに移行する前に分かるであろう身体の声が、少なくなるのではないかと考えてしまう。

 以上は、あくまで小池の私見です。ピロリ菌除去に否定的ではあるけれど、非難する考えではありません。状況によっては、それが必要な方もいらっしゃるであろう、とは考えています。


スポンサーサイト

  • 2019.11.07 Thursday
  • -
  • 07:31
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック