calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.11.07 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

もう少し優しい世の中であればいいのに。

 田中優さんという環境活動家がいる。その方の著作や発言を読むことが多い。

 時々、強調し過ぎだと感じることもあるので、信奉しているわけではないけれど、基本的な暮らしぶりに対する方向性には共感しているので、よく読む。

先日、こんなリンク記事を読んだ。

価値が違うからメジャーが必要で、そのためにだけカネを用いている。つまりここで起きているのは、『貨幣を使った非貨幣経済』なのだ
詳細はリンク先をご覧頂くとして、おカネというのは手段であって目的ではない。

グローバリズムというかグローバル経済というか、規模が大き過ぎるから仕方ないのかもしれないけれど、お金を目的にしてしまっていると思う。本末転倒ではないか?

 株主重視とか経済偏重とか言われるけれど、おカネや数字に囚われ過ぎて、”人間らしい”暮らしができなくなって、身体のみならず精神をも病んでくる人があまりに多過ぎる。

 経済や政治は、”病んでいない”人たちが動かしているように思う。
 強者が弱者を虐げているように見える。
 おかしくないか?

 大きなことを言ってしまっている気がするが・・・。

 でも、臨床で出会う人々は、気持ちを病んで、にっちもさっちも行けず苦しんでいる人が多い。
 「もう少しゆっくり過ごせたらいいね」って、何度諭したい気持ちになったことか。
 現状がそうさせてくれてない。そうできるのは、会社が変わってくれるか、会社を辞めるときだけか?社会こそ変わってくれればいいのに、と切に願ってしまう。

 「身体と気持ちは繋がっているから、身体を改善できれば気持ちも改善するよ」って伝えて、少しでもセルフケアできるような社会に変わってくれることを祈っている。


スポンサーサイト

  • 2019.11.07 Thursday
  • -
  • 07:23
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック