calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

鍼灸祭に行ってきました。

毎年5月第3日曜は、「鍼灸祭(はりきゅうまつり)」が行われています。鍼灸の専門学校を卒業した年に、縁あって参加するようになり、10年以上が経つようになりました。昨日、行って参りました。

 

2000年以上の歴史がある鍼灸は、発展の礎になった神様的存在や、"神の手"的な偉大な施術者がおられます。鍼灸祭は、そうした方々を奉る儀式。また、いろんな考えで施術に取り組む鍼灸師たちの、横断的な交流の場でもあります。

 

神田は湯島聖堂で行われています。神事の前に、年に数度しか開かないという神農廟へのお参りを。

 

 この門が、普段は閉まっているのだそう。

 

湯島聖堂裏手の山を登るような感じです。

 

鍼灸祭に参加された他の先生方と一緒に。この祠の中に、神農様という神様がいらっしゃいます。

 

こちらが神農様。暗くて見えにくいのは、ご愛嬌ということで・・・。

 

今年は、大阪で江戸期の鍼灸について最先端の研究を続けておられる(しかも臨床もピカイチ)長野仁先生と、昭和の名灸師と謳われた深谷伊三郎先生の術式を伝える福島哲也先生(灸だけでなく鍼もピカイチ)の豪華な内容でした。

 

深谷灸の内容は、これまでにも何度も伺ってはいるのですが、そのたびに新たな気付きがあります。自分がこれまで聞き落していたのか、それとも自分のレベルが上がったのか?それは定かではありませんが(^^;)、少しでも前進はしているような気がしています。

頑張ります!


スポンサーサイト

  • 2017.09.30 Saturday
  • -
  • 22:29
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック