calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

categories

archives

死生観を考えたい。

西部邁さんが亡くなられたとラジオで聞いた。

西部さんのご冥福をお祈り致します。

 

お名前だけしか存じ上げないので、主義主張は全く知らないのだけど、自分の生き死にを自分で選ばれたと知って、とても興味が湧きます。また、親しくしている友人の恩師でもあったと聞き、さらに感じ入るものがあります。

西部邁さん死去 近著に死生観を綴っていた
「結論から言うと、病院死を選びたくないと強く感じかつ考えている」

 

自身の生き死について、もっと語り合う場があって良いと思うのです。連れ合いや家族も含め、他人との関わりの中で生死があるし、さらに(ネガティブに捉えられがちだけど、良し悪しは別として)金銭の問題もあるので、主張すれば良いというものではないけれど、"いかに死ぬか?"は"いかに生きるか?"と同義だと思うので、もっと語られなければいけないと思う。

 

医療との兼ね合いはどうしても出てくるけれど、現実の問題や倫理や技術などの医療者が語らなければいけない内容はともかく、市井の意見がもっと表れないと、医療も変わらないと思います。

 

それにしても、あくまでもリンク先の表現だけで捉えれば、病院死を選びたくないからと言って入水自死を選ばれたわけだけど、他に選択肢はなかったのだろうか?無闇に自死を選ばれたのではないと想像できるだけに、自分の死をいかなるものにするかという選択肢が少なく見えるのが、残念に思います。多くても、何か困るというか違うというか、そんな気がするのだけど。(まとまりのないオチですみません)

 

まめいち1

昨日行われたまめいち、体験企画の餅つき風景。レポートは後日に。


スポンサーサイト

  • 2018.02.15 Thursday
  • -
  • 07:49
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック