calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

archives

まちの保健室

「まちの保健室」という活動があることを知りました;

地域の“保健室”で健康相談 高齢者の介護予防も

 

看護師資格を持つ方が、地域住民が気軽に入れる環境で、健康相談に乗れるとのこと。

 

当院でも、東洋医学的な体の捉え方でこうした健康相談に乗れる場を作りたい!と思います。

 

まめいちでも、そんな場づくりができればいいなと妄想中。

でもそのためには、体験企画を僕抜きで実施できるように改変していかないといけないのです。

もっと多くの人が関われるような環境にしていきたいです。

 


もしもの時のために

この記事、すごいなと思いました;

救急隊、家族が蘇生断ったら 消防本部に中止容認広がる

 

救急隊は、救助が必要な方の蘇生が法律で義務付けられているそうです。

その一方で、本人や家族が蘇生措置を希望しないケースも増えています。その方たちが、自宅で生命維持が危ぶまれるような事態になった際に、「うっかり」救急車を呼んでしまい、救急隊との間で押し問答が生まれてしまう、というのは"穏やかな最期"を希望される方たちの間では有名な話です。

 

この記事では、

・本人や家族に"もしもの時"の合意ができている

・消防隊もそうした事例が増えていることが分かっている

・そのうえで、消防隊が現場に理解を示した

という点ですごいな、と思いました。

 

つくば市の消防署は、こうしたケースへの対応はどうなっているのだろう?いずれ調べたいと思います。

 


入院しなきゃいけないのに認知症の奥様が理解してくれない

今日のご来訪者さんは、ご自身が手術を必要として入院しなければいけないのに認知症の奥様が理解してくれなくて困った、という方でした。

 

「私は一人でも大丈夫」と言われるわけです。

大丈夫なところを示したい気持ちが強いのでしょうけどね。

でも、ご主人としては放っておけないのです。

結局、ショートステイサービスを利用してもらって手術に臨めたそうです。

 

複数の病気を抱えていて、体調管理が大変だそう。

状態を把握するために通っていたつもりの医療機関で、他方を診てくれていなかったことで医師不信が起きたとも話されていました。

専門外のことであっても注意しようとしてくれる医療機関に出会うのは難しい、と知ることにもなった1日でした。

 

画像は庭で取れたアンズ。今年は豊作でした♪


『こんな夜更けにバナナかよ』はわがままか?

「あなたのために」をまとう力に抵抗して 「夜更けにバナナ」はわがままか?(後編)を読みました。

 

こんな夜更けにバナナかよ』はタイトルからして僕にってとても刺激的なものです。

人には必ず、得手不得手ではなく、できること・できないことがあるものです。できなければ他人の手を借りないといけません。障がい者にであれば、尚のことです。

 

できないから助けてもらうけれど、えてして「できる人=強者」「できない人=弱者」という対立関係として捉えられがちなのが僕の問題感心事でした。

 

この文章で、パターナリズム(父権主義とも温情主義ともいうそうだ)という言葉を知りました(→wikipedia)。

 

このような意識を、僕も自分の中から消していきたいと思いました。

できるだけ、フラットな感情で周囲の人たちと関わり合いを持っていけるようになりたいと思いました。

 

 

 

 


交通弱者のために

5月上旬にあった高齢者が運転する自動車による死亡事故には、かなり危機感をもって考えさせられています。

 

高齢となり、認知機能は全く問題ないように感じられるが(時折、認知機能を確認できるような質問を投げかけている)、運動能力的に果たして十分なのかまでは、分からない。

 

そんな折、「運転免許返納夫婦向けに終身無料バス、自宅までバス 鹿沼市」という記事を見つけました。

 

バス停ではなく自宅まで来てくれるというのは、大変ありがたい制度です。詳細は分からないから、実際の運用が適当なのかは分からないけれど、すばらしい取り組みだと思います。市長や市議会が変わったら制度も変わる…ことも有り得るけれど、つくば市においてもこうした制度が実現できるようにするには、どのような理解や働きかけが必要なのかを考えたいと思いました。

 

画像は、6月16日のまめいち会場の様子。お客様が撮って下さいました。

空の青、木々の緑、白い雲が眩しくて、素敵な画像で気に入っています。


まめいち報告190616

6/16(日)10〜13時、今月も無事にまめいちが終了しました。
梅雨にも関わらず、見事な青空!
初出店の方もいらして、今回も賑わいました。

   

体験企画は「竹でランタン作り」。
お隣の方と筆や絵具を譲りあいながら、皆さん見事に仕上げていきました。

 

夏至(6/22)にキャンドルナイトを楽しみませんか?
との想いを込めての企画でした。
電気を消してみると、暗いからこそ見えたり感じられたりするものがあるものです。まめいちをきっかけに、ろうそくの灯りを傍らに、スローな夜を楽しんでいただら嬉しいです。

 

来月は7/21(日)開催。暑くなるかな?
体験企画は「流しそうめん」です!

そうそう、今月からAED設置しました。いつか、使用講習会も企画します。
(よ)

まめいちのお知らせ190616

6/16(日)10~13時の間、治療院前のスペースで

毎月恒例の「まめいち」を開催します。

(お天気が気になるところですが、少雨決行。

 今のところ雨の影響は小さそうです)

 

出店者とのおしゃべりを楽しみながらのお買い物と、

月替わりの体験企画を設けているこのイベント。

今回の体験企画は「竹でランタンを作る」(予約不要)です。

 

昨年の様子。子どもだけでなく、大人もワイワイ作っていました。

  

焼菓子、カレー、陶磁器があったり、紙芝居の上演があったり。

最新情報はこちらより

ちょっと腰を下ろせるスペースもありますので

お子さん、親御さんなどなど、身近な方と一緒にご来場ください。

 

(よ)


 


膝が痛くって

今日は、嬉しいことに「ちょっと話す時間があれば、お灸を自宅でやる場所を教えて欲しかったの!」と言って下さった女性がいらっしゃいました。

 

リウマチで体の節々が痛いことが多いとのこと。

昨晩は、どうやら処方してもらっている薬を飲み忘れたらしく、普段よりも痛くて寝ているのが辛かったとのこと。「でも、忘れたお蔭で、薬が効いているようだと思えたのよね〜」って(笑)。

不快なことでも、良い面を見つける視点が素敵です♪

 

今、痛いのは左の膝とのこと。

触ってみると、膝上の正面部分に3点、硬いところがありました。

この硬いところが、膝を動かそうとする時の動きずらさの元凶である緊張を作っていて、その動きずらさを脳が"痛み"として捉えているのです。

油性マジックで印を付け、さっそくせんねん灸を施してもらいました。

 

 

あと、足裏の緊張が強いようだったので、少し足裏マッサージをしました。踏ん張りが利くようになり、その分、膝の痛みも軽減されたようでした。ご自宅では、青竹踏みに乗るのがお手軽です。

 

ウッドデッキ上にドクダミが干してあって、昨年干して作ったドクダミ茶を飲みながらのひと時でした。

 

 


気軽にお灸体験

6月1日(土)に地元で開催されたイベントに誘われ

お灸体験のできるコーナーを設けました。
「お灸って熱いの?」「ツボを探すのは難しそう」
そんなイメージを変えてもらう絶好のチャンス。
会場のお庭は緑まぶしく、とても素敵な環境で、
ゆったりとリラックスしながら試してもらえたと思います。
個別お話をうかがいながら、ちょうどよいツボ探し。
今後の養生の参考になるお話も時間の許す限りしていきました。
このイベントは今年で3回目。
「どんぐりコロコロご近所寄り道商店街」と銘打って、
普通の住宅街に6か所のブースを設け、寄り道しながら
お買い物や通りの景色を楽しむもの。
我々のブースの入り口はこんな感じで、お灸ブース以外にも鯛焼きやクレープ、
雑貨や冷たいゼリーなどのお店が並びました。
他のブースでは採れたてのお野菜、お洋服、刺繍の小物、野菜の苗など
地元町内会のメンバーを中心に、それぞれの得意分野を生かした商品が並びました。
 
中のお庭の木陰は、休憩スポットとして大活躍。
楽しい休日のイベントに「お灸」があることで、
もっと日常的な存在だと感じてもらえるようになったなら幸いです。
(よ)

まめいち報告190519

5/19(日)は爽やかな風がふく、気持ち良い一日。

まめいちが無事に終了しました。
かき揚げ丼やカレー、焼き菓子があったり、子供たちが間近に迫った運動会の歌を元気に歌いだしたり!

先月よりも来場者は少なめでしたが、その分だけのびのび過ごしていただけたような気がします。

大人のげんこつ並みのサイズのかき揚げ!

木陰で絵本の読みかせを随時実施。

 

体験企画は「簡単!美味しい梅料理」。

梅シロップや梅酒を使ったアレンジ料理に、梅干し・梅酢を使った料理も試食してもらいました。

質問、感想をたくさん寄せていただき、開催側も大変勉強になりました。

※試食の合間に話が進み、梅干しづくりワークショップ開催を決まりました。後日お知らせします。

来月は6/16(日)10~13時。

体験企画は「竹でランタンを作ろう」です。小さなお子さんにも作っていただけますので、ご家族皆さんでぜひご参加を。

会場内にベンチを増設しました。休みながらゆっくりお過ごしくださいね。

 

(よ)


<< | 2/55PAGES | >>